【ロジクール MX-ERGO】体に優しいマウス!開封レビュー




こんにちは。トヨキ(@toyoki)です。

皆さんは、どんなマウスを使っていますか?

私はつい最近、マウスを変えました。

それが、「ロジクール MX-ERGO」です!

なので、開封レビューをしたいと思います。

今回は「開封レビュー」ということで、使用感などの話は、色々使い倒してから、また別の記事で近いうちに公開しようと思うのでしばらくお待ち下さい!

初めてのトラックボール

「ロジクール MX ERGO」は「トラックボール」と呼ばれるマウスになります。

親指で、ボールをグリグリ回すマウスです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8-IMG-1763.jpg
「ロジクール MX ERGO」はトラックボールと呼ばれるマウス

トラックボールのマウスは、初めて使うんですよ!

使いこなせるかどうか、心配なんですけどw

なぜ、今回トラックボールを使おうと思ったのかといえば、今までのマウスを使っていて、手首が(右手)痛くなってきたからなんです。

とくに、つけねの方とか……。

そしたら、トラックボールのマウスは手が疲れにくいとの噂を聞き、いろいろ調べたら、とても使いやすいらしいということで、家電屋に行って、触りまくって来ました。

その中でも、「ロジクール MX ERGO」が、一番しっくりきたのです

「ロジクール MX ERGO」は、とても手にフィットしたんですよ。

「ロジクール MX-ERGO」いよいよ開封

それでは、いよいよ開封していきます。

こんなふうなパッケージになっています。

なんか、ワクワクします!




表面を横に開けると「ロジクール MX ERGO」がでてきました。

とびら?を開くとこんな感じ



中にはいっていたのは

  • 「ロジクール MX ERGO」本体
  • レシーバー
  • 充電用 micro USBケーブル
  • 説明書・保証書

だけです。

付属品です

ちなみに、フル充電で4ヵ月使えるそうです。

充電がなくなっても、1分間の充電でなんと、丸1日使えるらしいですよ!

やあ、すごいですよね。

大きくて、ズッシリと重厚感

実際持ってみると、結構大きいです!

  • 横   132.5mm
  • 奥行き 99.8mm
  • 高さ  51.4mm
  • 重さ  259g(メタルプレート含む)

です。

なんか重厚感があって、ズッシリと重みが!

かなり大きいですね!



今まで使っていたマウスと比べてもかなり違いますね。

普通のマウスと比べるとこんな感じ

ラバー素材でしっかりフォールド

裏を見てみましょう。

素材は、ゴムと言うか、少しザラッとした感じで、引っ掛かりがあるような感じです。

後で説明しますが、角度を変えるための「メタルプレート」が付いており、取り外しができるようになってます。

「メタルプレート」は取り外しが可能

お手入れもしやすいですね!



表面にも同じような加工がされ、手で掴んだ時しっかりとフォールドされ、手に馴染みやすい!

ずっと触っていたいですね。

ラバーのような素材でつかみやすい

「ボール」の部分も取り外しが可能

親指でコロコロ回す「ボール」の部分も外すことが出来ます。


お箸などの先の細いもので、

押し出すと、

使っていくうちに、ゴミなどが溜まってくるので定期的に掃除を!

このように「ボール」を外しことが出来ました!

ゴミなどが溜まると「ボール」の回りが悪くなるそうなので、定期的に掃除が必要みたいですよ!

「20度」の角度が素晴らしい

上記にもあった、裏の「メタルプレート」でマウスの角度を変えることが出来ます。

後ろの「メタルプレート」で角度を変えれる

角度は「0度」と「20度」の2つから選べます。



これは「0度」の状態。

「0度」はこんな感じ



「20度」はこのようになります。

ロジクールはこの「20度」を推奨しています。

ロジクールの推奨の「20度」

この「20度」の角度というのは、人が握手する角度と同じで、最も自然な角度なんだそうです。

なので疲れにくい!

実際試してみるとすごいしっくり来ました。

この角度だと負担が少なく、体に優しいマウスなんだなと思いましたね!

角度が変わるだけで、こんなにちがうんですね♪



ちなみに、右上にあるのが電源スイッチです。

電源スイッチはここです。

マウスを動かさなくていい

ポインターは、このボールを親指で操作します。

ポインターは親指で操作

ということは、一般のマウスと違い、動かさなくていいことになります。

赤枠の部分から動かさなくてもいい!

これは、スペースがない場所でも親指だけ動かせばいいので、置く所があればOK。

私のアーキスProgres Touch RETRO TKLとの相性もバッチシです!

【アーキスProgres Touch RETRO TKL】おすすめキーボード!タイピングが心地良い!

無駄に手を動かさない分、負担が減るので手の痛みも減りそうです。

トラックボールは使いやすいのか?

とりあえず開封を終え、手のフィット感も確認し、なかなかの代物だと感じましたが、問題は「本当に使いやすいのか?」「作業効率は上がるのか?」です!

こればっかりは、当分使ってみないとなんとも言えないので、また別の記事で紹介したいと思います。

まとめ

ということで、今回は「ロジクール MX ERGO」の開封レビューを紹介しました。

開封した時点ですが、ざっとまとめると、

  • ずっしり重く、重厚感がある
  • ラバー素材で手に馴染みやすい
  • 「ボール」を外すことが出来る
  • 「20度」の角度が体に優しい
  • マウスを動かす必要がない

となります。

「ロジクール MX ERGO」は、最初は使いづらく、慣れが必要だとよく聞きます。

わたしもそう思いますw

やはりボールの使い方はちょっとむずかしいと感じたので、格闘の毎日が予想されますw

でも、頑張って使い倒して、マスターしたいと思います!

最後までご覧くださって、ありがとうございました!




シェアしてくれると嬉しいです。