【さば味噌煮缶】で作る「さば大根」簡単レシピ紹介 ! 




こんにちは。トヨキ(@toyoki)です。

今回は、「サバの味噌煮缶」を使った一品を紹介!

それが『さば大根』です。

作り方も簡単で、美味しくてヘルシー!

御飯のお供や、お酒のおつまみにどうぞw

『サバ大根』を作っていこう!

今回使用したのは「キョクヨー さば味噌煮缶」です。

日本で水揚げされたさばを、味噌と砂糖で甘辛く味付けされているものですね。

もちろん、「EPA」や「DHA」も含んでいて、栄養も補給出来きますよ!

【サバ缶】食べて健康に!嬉しい効果が盛りだくさん!

材料はこちらになります。

材料(2人分)
  • さば味噌煮缶  1缶(190g)
  • 大根      150g
  • 小ネギ     5本
  • 水(調味用)  100cc
  • しょう油    小さじ1

作り方の手順です。

  1. 大根をいちょう切りにする
  2. 小ネギは小口切りする
  3. 大根を下ゆでする
  4. 大根がゆでれたら、お湯を捨て「さば味噌煮缶」(汁ごと)、水100cc、しょう油大さじ1を入れ、5分ほど煮る
  5. 汁が減って、つやが出てきたら火を止める
  6. 器に盛り付けて、ねぎをのせて完成

それでは、ひとつずつみていきましょう。

まずは、材料を用意します。

材料は小ネギ、大根、そして「さば味噌煮缶」

あと、水を100ccとしょう油小さじ1ですね

①大根を「いちょう切り」にする

では、材料を切っていきます。

大根は、「いちょう切り」にします。

厚みは、大体0.5cmぐらいですね。

大根は、0.5cmの「いちょう切り

②小ねぎを「小口切り」にする


 
小ねぎは、「小口切リ」にします。

「小口切り」は、こんな感じです↓

小ねぎは、「小口切り」にする

③大根を下ゆでする

これから調理に入っていくんですが、ちょっとコツがあります。

  • 大根を下ゆでする(調味料がしみ込みやすくなる)
  • 大根をゆでるときは水からゆでる(火の通りを早めたり、煮崩れを防ぐ)

詳しく見ていきましょう!

まず、ナベに大根が隠れるくらいの水を入れて下さい。

大根は水からゆでる

そのまま火かけ、沸騰させます。

大根は「根菜類」といわれる野菜で、(人参や芋類なども同じ)水からゆでることで、煮崩れを防いだり、中まで火が通りやすくなるんです

④ゆで上がった大根にサバ味噌煮缶を投入!

沸騰したら弱火にし、5分ほどゆで、大根が柔らかくなったら、ザルでお湯を切ります。

お湯を切った大根を、鍋に戻し、

  • さば味噌煮缶 1缶
  • 水100cc
  • しょう油大さじ1

を加え、弱火で5分ほど煮込みます。(たまに、混ぜてください)

⑤ツヤが出てきたらOK

大根に艶が出てきた状態

煮汁の量が減り、ツヤが出てきたら、火を止めてそのまま冷まします。

アツアツをそのまま食べてもいいのですが、冷ますことによって、味が染み込んで美味しくなるんですよ!!

なので、少し冷ましてから頂きましょう。

冷たくなりすぎたら、レンジで温めればOK!

⑥冷めたら器に盛り付けて完成!!

『さば大根』が冷めて味が馴染んだら、器に盛り付け頂きましょう!

わたしは、少し冷たいくらいの方が、味がしみて好きですね。

上にネギをのせて「サバ大根」の完成です!!

どうです?美味しそうじゃないですか?

御飯のお供や、お酒の肴にどうぞ!

本日のまとめ

今回は、「サバの味噌煮」で作る『さば大根』を紹介しました。

調理時間もそんなにかかりませんし、特別な調味料や材料も使わないので、料理が苦手な人でも簡単に作れます。

ぜひ、お試し下さい!!

最後まで、ご覧いただいてありがとうございます!




シェアしてくれると嬉しいです。