【サバ缶】オススメ料理!『さばのペペロンチーノ』簡単レシピを紹介!




こんには。トヨキ(@toyoki)です。

今回は、「サバ缶」を使ったパスタ「さばのペペロンチーノ」の作り方を紹介します。

パスタに「サバ缶」を加えるだけなので、とても簡単に出来ますよ!

この記事を見ながら、一緒に作っていきましょう!!

パスタによく合う「オリーブオイル缶」を使用

今回使用するサバ缶は、

『さば オリーブオイル漬け ガーリック』(富永食品)を使用しています。

ガーリックの風味がよく効いている

スペイン産のオリーブオイルをふんだんに使った濃厚な「サバ缶」です。

「EPA」「DHA」も豊富に含まれていて、健康にもいい!

【サバ缶】食べて健康に!嬉しい効果が盛りだくさん!

「ペペロンチーノ」といえば、「オリーブオイル」と「にんにく」なので、相性もバッチシ!

身の部分だけでなく、うま味が凝縮された汁も使うので、美味しさもUPします。

当然、食材のロスもありません!

「オリーブオイル漬け」がなければ、「水煮缶」でもOKです。

「さばのペペロンチーノ」を作っていこう!

それではさっそく、作っていきましょう!

まずは、材料です。

材料(2人分)

  • さばのオリーブオイル漬け  1缶(150g)
  • パスタ           180g
  • にんにく          2かけ
  • 鷹の爪(輪切り)      1つまみ
  • きざみのり         1つまみ
  • オリーブオイル       大さじ1
  • しょう油          小さじ1

作り方のおおまかな流れです。

  1. パスタを茹でる
  2. にんにくを刻む
  3. オリーブオイルでにんにくと鷹の爪を炒める
  4. 茹であがったパスタを③と混ぜ合わせる
  5. ④に『さばのオリーブオイル漬け』を入れ混ぜる
  6. 器に盛り付けて「きざみのり」をふりかけて完成

になります。

①パスタを茹でる

材料が用意できたら、作っていきましょう

まず始めに、パスタを茹でていきます。

鍋にお湯を沸かし、沸騰したらパスタを茹でていきます。

パスタの茹で時間は、表示されている時間より、1分前になったら引き上げます(このあと説明します)

②にんにくを刻む


パスタをゆでている間、にんにくを刻んでいきます

▼こんな感じで刻んでいけばOK!

にんにくはこんな感じで刻む

③オリーブオイルでにんにく、鷹の爪を炒める

▼フライパンに、オリーブオイルを入れ、にんにくと鷹の爪を弱火で炒めていきます。

にんにくが、うっすら色がついたら火を止めます。

こうすることで、にんにくと鷹の爪のうま味と香りがオリーブオイルに移ります。

にんにく、鷹の爪をオリーブオイルで炒めるときは、弱火で炒めます強火だと焦げてしまい、にんにく、鷹の爪のうま味や香りが出ないからです。

パスタのゆで時間が1分前になったら、1本食べてみて下さい。

少し硬めで、引き上げましょう。

パスタを1分前に引き上げるのは、このあと、フライパンで再び、火をいれていくからです

④茹で上がったパスタを「にんにく」と「鷹の爪」のフライパンに投入

茹で上がったパスタを、「にんにく」と「鷹の爪」を炒めたフライパンに入れ、中火で混ぜ合わせます。(弱火だと時間がかかりすぎて、強火だとにんにくが焦げてしまう)

パスタに、にんにくと鷹の爪がまんべんなく混ざるようにしましょう!

⑤「さばのオリーブオイル缶」を投入

パスタに、にんにく、鷹の爪が混ざったら、「さばのオリーブオイル缶」を加え混ぜ合わしていきます。

汁も全部入れましょう!

さばのうまみが凝縮された汁も入れましょう

さばの身を、しゃもじで崩しながら混ぜ合わしていきます。

しょう油を入れ、味を整えます。

混ぜ合わさったら、味見をしてみましょう。

この時チェックするのは、

  • 麺の硬さ
  • しお加減

です。

薄いと感じたら、しお、または、しょう油を追加して下さい。

私はこのままで、ちょうどよかったです。

硬い場合は、好みの硬さになるまで、火を入れていきます。

⑥できあがったパスタを器に盛り付けよう!

味見をして、OKなら、器に盛り付けましょう!

上からきざみのりをふりかけ、完成です!!

どうでしょうか?上手く出来ましたか? 

本日のまとめ

ということで、いかがでしたか?

お好みで再び、上からオリーブオイルをかけると、オリーブオイルの香りも堪能できますよ!

ぜひ、お試し下さい!

最後までご覧いただいて、ありがとうございます!




シェアしてくれると嬉しいです。